またも地底へ

b0259669_22031964.jpg

さあ また行きましょうか…

暗くて冷たい地面の下へ。

「またかいな~ もおええわ~」

という方はスルーお願いします。

b0259669_22043391.jpg
壁面の様子がアートでしょ…

え、んなことないって…


b0259669_22054372.jpg
どんどん奥へ…


b0259669_22062375.jpg
鉱石を運ぶトロッコは

まだ生きています…


b0259669_22065952.jpg
あ、そこは立ち入り禁止ですから

気をつけてね…


b0259669_22080492.jpg
 
あ、この先は奈落ですから

ここにも入ってはいけません…

b0259669_22105378.jpg
そろそろ帰りますか?

トイレも行きたくなってきたし。


どうも地底に憑りつかれてしまって

何度も足を運ぶ羽目に…

でもなかなか納得のショットが出ないです。

今度は石見銀山にでも行ってみようかしらん。

ちょっと遠いなぁ。


ここで団体さんの案内をしている人の

説明の声が耳に入ってきました。

坑道の気温は年を通して13℃。

寒いと思われるでしょうけど

坑道って言うのは

33メートル下がると

気温が1℃上昇するんですって。

昔の坑道は地下800メートルにも達していたそうで

ってことは

ざっとした計算で100メートル下がるごとに3℃上昇すると考えると

地下800メートルの世界は

40℃近い気温。

湿度はほぼ100%。

超過酷な環境やったんですね。

たくさんの人が命懸けで鉱石を掘った場所…

敬意を払いつつ

また撮りに行くつもりです。


(^-^)






[PR]
Commented by a-ki_la at 2017-09-22 23:01
すごーい!露光間ズームなんですか?
トロッコがものすごい音を立てて激走しているように見えます(@_@)
ぽとすさんが惹かれるの、何となく分かるような気がしますよ。
トップ画も好きです。まるでいまここに立ってるみたい!

ここ、閉場の時刻がきたら、どうなるんですか?
入口閉められて電気も消える?
取り残されてる人がいないか誰かが巡回するにしても、結構な距離がありますよね。
なーんてことを想像してゾクゾクするってことは、ワタシは閉所恐怖症気味なのかも。
Commented by chocoyan2 at 2017-09-23 00:06
良いですね、良いですね♪
私も猿島へ行ってきたばかりなので
こういう光景に敏感です(^.^)
トイレに行きたくなったから帰るって
どのくらいの距離があるんですか?
魅力的な場所、いつか行ってみたいな(^-^)
Commented by chibichaco-um at 2017-09-23 09:10
おはようございます♪
地底に憑りつかれちゃったのですね(笑)
でも、とっても魅力的に撮影なさっておられるので
なんか分かります!
鈍い光や、クネった坑道や、まだまだ何かありそうで
わくわくします。
奥行き感がたまりません。

そんなに寒いのでは
やっぱりおトイレ作ってもらえるように
お願いしないと~~(笑)
Commented by ayayay0003 at 2017-09-23 11:33
おはようございます~
地底に憑りつかれちゃうの
1枚目の壁や今も生きているというトロッコの
迫力ある写真(露光間ズームというのですか?)を
拝見したら何となく分かります~
ミステリーの世界ですネ☆
気温、地底は下がるのじゃなくて上がるんですね~
そう言えば、高地は気温が低いですものネ!
ぽとすさんじゃないと表現出来ない世界のお写真楽しませていただいてますよ♫
まだまだ満足されてないとなると次も楽しみです~(^^♪
Commented by byj-kumin at 2017-09-23 12:49
こんにちは^^
綺麗な坑道ですね〜〜!!
トロッコのお写真、迫力があってとても素敵です。
まだ現役の坑道なのですね。

私も炭鉱に3箇所行きましたが
なかなか上手く撮れず
こんな風に撮れたらよかったな〜と
思いながら見せていただきました。
何度でも行って素敵なお写真撮ってください!(笑)
Commented by aya_526 at 2017-09-23 21:32
ぽとすさん こんばんは♪
いいですね~ 臨場感ありすぎですぅ~!
お写真の質感がなんともリアルで・・・
私は暗いところも閉鎖的なところも苦手なので^^;
ぽとすさんのお写真でたっぷり楽しませてもらいました~(苦笑

北野のプラトン装飾美術館もとっても素敵ですね~♡
撮影もOKなのですね^^
metallic のグラスも、closed のプレートも写欲を誘いますね^^
神戸・・・行ってみたいです♡
Commented by pothoslime at 2017-09-23 23:48
☆a-ki_laさん~
アッキーさん☆こんばんわ~
いえいえスミマセン^^ゞ
露光間ズームじゃなくて、あとでいじりました~
実際のトロッコはここでじっとしています。
1枚目、ありがとうございます。
じつは私もこれが一番いいな~と思っていましたw
この雰囲気で他のも撮れんかな~と思うんですが、中々うまく行きません。

むむ~ 確かに…ここは夕方になったら閉まるんですね。
真っ暗けの坑道って、さすがに恐ろしい~><;
生き埋めになった気分がするでしょうかね。
観光坑道は全長が1キロくらいやったと思います。
最後に残って、巡回の人に見つからなかったら…あ~怖(*_*;
Commented by pothoslime at 2017-09-23 23:53
☆chocoyan2さん~
こんばんわ~w
ここは観光坑道だから整備されては、いるんですが、
どことなく廃墟のイメージがありますよね。
昔に造られて、今も保存されているものって
何か訴えかけてくる感じがします。
坑道は全長が1キロくらいです。
さっさと何も見ずに歩けば、10分少々で出てこれるんですが
写真撮りながら行くと、軽く1時間は越えてしまいます^^;
この間に身体が冷えておトイレに行きたくなるんです~
こんな場所ですが、チャンスがあれば、ぜひお越しくださいませ(^-^)
Commented by pothoslime at 2017-09-24 00:01
☆chibichaco-umさん~
こんばんわ~♪aotonさん。
この何とも言えない雰囲気が、なんだかとっても魅力的で
色んな坑道に入ってみたいなぁって、思うようになっちゃいましたw
子どもの頃、ジュールベルヌって小説家のSF小説で、アイスランドの火山の火口から
地底へ入って、長い長い地底の旅の末に、イタリアか何処かから出てくる話が
あったんですが、それを何度も読みました。
なんかそんなのの影響があったかもですね^^

あ~
中に1か所でもいいからトイレがあればなぁって思います(笑)
そしたら坑道の中で2時間は粘れるのに~(^-^)☆
Commented by pothoslime at 2017-09-24 00:11
☆ayayay0003さん~
アリスさん☆こんばんわ~
ほんと、こういう地面の下って非日常空間ですよね。
トロッコは、実際はディスプレイしてあるだけで、動いてないんですが
今も生きてるように見えるってところを表現してみましたw
これは露光間ズームではなくて、あとで全体に放射状の暈けをかけて
トロッコと運転者の部分だけ、暈けを消してあります^^
私、地底深く潜ると、気温は下がるんだと思い込んでましたが
上がると知ってびっくり@@;
気温40℃、湿度100%の中で仕事をするなんて、昔の人は凄かったんですね。
ありがとうございます☆
また機会を見つけて、地底へ潜ってみます。
どうやって撮るのが一番ピッタリくるかしらん…
ちょっと悩みながら頑張ってみま~す(^-^)♡
Commented by pothoslime at 2017-09-24 00:20
☆byj-kuminさん~
kuminさん^^ お越しくださってありがとうございます♪
湿気が高くて寒い坑道ですが、なんとも魅力的でした。
トロッコは実際は動いてなくて、ディスプレイしてあるだけなんですが
今も生きているように見えるって感じを伝えたかったんですw
ご免なさいね~ 伝え方がまずかったです~^^;
kuminさんは炭鉱を撮られたんですね☆
銀山とはまた雰囲気が違うんでしょうね~
kuminさんのショット、ぜひ拝見したいです♪
私のほうは今年中にあと1回は行ってみたいです(^-^)
Commented by pothoslime at 2017-09-24 00:27
☆aya_526さん~
彩さん☆こんばんわ~
ありがとうございます^^
私も閉鎖的なところは苦手やと思っているんですが
この坑道の中にいる緊張感って、ちょっと独特で、つい嵌まってしまいました(笑)
今度はどうやって撮ろうか、ただいま思案中でありますw
プラトン装飾美術館は北野町のはずれにあって、ちょっと見落としがちなんですが
他の異人館のようにグループ化されず、単独で営業してはるところが凄いと思います。
もちろん撮影OK♪
中にはカフェもあって、どうやら美味しいコーヒーがいただけるようです。
彩さんのところからは神戸は遠いですが、機会があればぜひお越しくださいね♪
ガイドが必要でしたら、ご遠慮なくお申し付けくださいまし~(^-^)
Commented by berry0726 at 2017-09-24 01:19
また行ったんですね!
すっかりハマりましたか~
まだこういう所には行ったことがないのでピンときませんが
鍾乳洞みたいな感じ?
全然違うかな。
今度地底人にあったらよろしくお伝えくださいね。
Commented by nyaan5296 at 2017-09-24 07:32
おはようございます(*^_^*)

こういう場所ってたくさんの人の様々な想いが残っていそうで
ドキドキします
全く何かが見える人間ではないのですが(^^ゞ
過酷な環境で働いていた人たちを思うと
私も長居してしまいそうです(^-^)
Commented by kaotti-1 at 2017-09-24 07:39
ぎんぎんぎんぎん銀山ボーイ♪覚えてしまった・・・^^;
頑張ってはるので注目度アップすればいいなぁ。
とても雰囲気が伝わってきます。湿気ムンムンとか。
ちょっとね、沖縄の海軍指令壕を思い出しました。あそこも凄かったです。

プラトン行かはったんですね。撮るもの多いでしょ。
お喋り好きなおじ様に捉まりませんでしたか?(゜▽゜)\(ーー;)コラッ
またそのうち行きたいとこです。
コーヒーなかなか美味しかったし、次はランチでも♪
あ!以前教えてもらったパーキング無くなっちゃいましたねぇ。次どこ停めよかな。
Commented by pothoslime at 2017-09-24 18:18
☆berry0726さん~
berryさん^^こんばんわ~
うひゃひゃ♪また行っちゃったのでありますw
私、自分がこんなに穴倉が好きやとは、気がつきませんでした(笑)
前世はモグラかミミズやったんかもしれません。
鍾乳洞はそれなりに自然の美しさがありますが、銀の鉱山は
どっちか言うと廃墟に近い感触です。
ここで命を落とした人も少なからずいると思うんですよ。
ひょっとしてそんな人たちがこっちを見てたりして・・;
はい、お会いしたらよろしくお伝えします。
…って言うか、berryさんも良かったらご一緒に(^-^)?
Commented by pothoslime at 2017-09-24 18:23
☆nyaan5296さん~
にゃんこさん♪こんばんわ~
そうですよね~
ここが開かれたのは、安土桃山時代か、もう少し以前か…
命がけの仕事をして、時の大名の経済の下支えをしたんですもんね。
ほんと、昔の人は凄かったと思います。
近代で三菱マテリアルが管理するようになってからも、過酷な環境は続いたんですね。
そういう労働をしていた人たちに思いをはせて、また行ってみたいと思います(^-^)
Commented by pothoslime at 2017-09-24 18:39
☆kaotti-1さん~
あははw
銀山戦隊の録画をずっと売店の中でやってましたよ^^
本物には出会えなかったですけど~
いつか見てみたいと思ってますw
そうなんですよ~ 湿気が半端ないの。
レンズが曇らないように、坑道に入ったすぐのところで
しばらく温度に慣らします。
この温度差はカメラには過酷。
私、内部に結露が出ないか心配で、それでもカメラ持って入るという^^;

プラトン行ってきましたよ。
kaottiさんの記事を読んでから、一度行かなくちゃって思ってました。
お喋りのおじさまには残念ながら出会えませんでしたw
ここって地下室もあるんですね。
地下室はもともと礼拝堂やったそうですね~
そこだけ三脚持ち込み不可やったんで、ちょっと残念でした♪
あ。パーキングね…以前使っていた場所は、整地されて
今度、関電の高級マンションが建つそうです。
ちょっと住んでみたいような…宝くじ当たったら。。。
山本通りから入ってくる道のはたに、狭いけど3か所あります。
それがだめなら、プラトンのちょっと下にあったと思いますよ~(^-^)
by pothoslime | 2017-09-22 22:22 | タテモノ | Comments(18)