ゆ♨ レポート編

b0259669_18575118.jpg


暖簾がかかっておりましたぁ

いよいよ中に入るのか~

どきどきするなぁ♡

でもいきなり中を撮らせてなんて言えないし…

まずは入るだけw


ってことで、中身は文章だけでレポートです

b0259669_19122298.jpg

ちょっと説明的なショットを1枚w


入り口を入ると、狭い土間があって、番台には眼鏡をかけたおばちゃん。
こんちわ~ と声をかけると、はい、こんにちはとお返事がありました。
360円やったかな…を払ってすぐ前の脱衣室へ。
脱衣室には銭湯によくある脱衣篭ってのは一つもなくて
古い木製のかなり黒くなった脱衣箱が、ずら~っと並んでいました。
全ての箱には平たい金属製の鍵がついてます。
ひとかたまりが24箱あって、それが2つ直角に並べてあって
合計48人分ありました。

脱衣室の横にはおっきなマッサージチェアが。
それからベンチもありました。
ベンチには注意書きがあって
薬を塗るなどで座る方は、体の水分をきれいに取ってから座ってください
なんて意味のことが書いてありました。

よく銭湯に置いてある、コーヒー牛乳などが入った冷蔵庫はありません。
有ったらよかったのになぁ。
脱衣室の床は、古い古い木製で、足の裏にとっても優しい感触でした。
ちょうど、たくさんの人が撫でてツルツルになっている通天閣のビリケンさんの足の裏みたいw

さて…♪

お風呂に入ります
浴室は畳数にして20~30畳くらいでしょうか。
あまり広くありませんでした。

床はタイル張り。
浴槽は大きなのと小さなのが一つずつあって、大きな方は大人が5~6人入ると
ちょっと気を遣ってしまうくらいの大きさで、小さな方は一人用って感じ。
大きいほうの浴槽は立って入るようにできていて
内側に段が、あるにはあるんですがちょっと座りにくい高さでした。

お湯はかなり熱め、でした。
私はぬるいお湯のほうが好きなので、長く浸かっているのは難しかったですw
(だいたい人間がぬるくできているので^^;)

洗い場は、少々高い場所に水の出るカランとお湯の出るそれが並んでいるんですが
全部でおそらく10か所。
鏡は何故か立たないと映らない高さに設置してありましたw
浴室の入口近くに、ちょうど公園にあるような水飲みスタンドみたいなのがあって
それに「飲料水」と記されていたんですが、水は出ません。
水の出ただろうと思われる頂上部には河童のお皿の小さいのみたいな
鉄製のお皿が乗っていましたよ。
もう錆びていましたけどw

上を見上げれば、男湯と女湯を仕切る壁のちょうど真上に天窓がありまして
その他にも、男湯女湯の上にも1か所ずつ天窓がありました。
天井は中央部が一番高く、周辺に向かって急な傾斜がついていましたよ。

そして、湯船のバックにあるモザイクタイルの絵…
ポピュラーなのは富士山ですが、ここのはそうじゃなくて
洋風の建物があってそこから手前に道が伸びているって感じの
あまり面白くない絵でした^^;

だいたいこんな感じかなぁ。

b0259669_21250549.jpg
もう暗くなっちゃった。

湯冷めしないうちに帰ります。

長くてめんどくさい文章を読んでくださってありがとうございました~

ほなまたね♪


(^-^)






[PR]
by pothoslime | 2018-03-13 21:26 | タテモノ